暴力は、その対象の性別や加害者、被害者の間柄を問わず、決して許されるものではありません。配偶者等からの暴力、性犯罪、ストーカー行為、売買春、人身取引、セクシュアル・ハラスメント等女性に対する暴力は、女性の人権を著しく侵害するものであり、男女共同参画社会を形成していく上で克服すべき重要な課題です。暴力の被害に遭っていながらも、その自覚がない人もいます。身体を傷つける行為だけが暴力ではありません。言葉での暴力や無視、性行為の強要、周りとの関係を断ち切るような縛りつけなども暴力です。また、周りに相談できずに自分が我慢すればよいと一人で抱え込んでいる人もいます。こういったときは、一人で悩まず、まずはご相談ください。みんなで暴力を許さない社会にしていきましょう。

リンク

お問い合わせ