介護保険料は「いきいき竜王長寿プラン※」の見直しに応じて3年ごとに設定され、平成30年度からは第7期(平成30年度〜32年度)の新しい保険料となりました。今回の改訂では、一定以上の所得者に対する自己負担割合の増加や、町介護給付費準備基金の取り崩しなどで保険料を抑制する一方、要介護認定者数の増加見込みによる介護保険給付費の増加や第1号被保険者の負担率増加、介護報酬の増額改定などにより第6期と比べて保険料が増額しています。皆さんが納めていただく保険料は、制度を運営するための大切な財源です。保険料の納付にご理解とご協力をお願いします。 ※「いきいき竜王長寿プラン・竜王町高齢者保健福祉計画・第7期介護保険事業計画」

平成30年度〜32年度(第7期)の介護保険料

段階 本人 世帯 区分 保険料率 保険料(年額)
1 非課税 非課税 生活保護、老齢福祉年金受給、
本人課税年金収入+合計所得金額=80万円以下
0.45 31,860円
2 本人課税年金収入+合計所得金額=80万円超〜120万円 0.75 53,100円
3 本人課税年金収入+合計所得金額=120万円を超える
4 課税 本人課税年金収入+合計所得金額=80万円以下 0.90 63,720円
5 本人課税年金収入+合計所得金額=80万円を超える 1.00 70,800円
6 課税 本人の合計所得金額が120万円未満 1.20 84,960円
7 本人の合計所得金額が120万円〜200万円未満 1.30 92,040円
8 本人の合計所得金額が200万円〜300万円未満 1.50 106,200円
9 本人の合計所得金額が300万円以上 1.70 120,360円

合計所得金額について

収入金額から必要経費に相当する金額を控除した金額のことで、扶養控除や医療費控除などの所得控除をする前の金額です。合計所得金額から「長期譲渡所得及び短期譲渡所得に係る特別控除額を控除」及び「公的年金等に係る雑所得を控除(所得段階が第1〜5段階のみ)」した金額を用います。

平成30年8月からサービスの利用負担の割合が変わります

3割
  • ①②の両方に該当する人
  • ①本人の合計所得金額が220万円以上
  • ②同じ世帯にいる65歳以上の人の「年金収入+その他の合計所得金額」が
    ●単身世帯=340万円以上
    ●2人以上世帯=463万円以上
2割
  • 3割の対象とならない人で①②の両方に該当する人
  • ①本人の合計所得金額が160万円以上
  • ②同じ世帯にいる65歳以上の人の「年金収入+その他の合計所得金額」が
    ●単身世帯=280万円以上
    ●2人以上世帯=346万円以上
1割 上記以外の人

合計所得金額について

収入金額から必要経費に相当する金額を控除した金額のことで、扶養控除や医療費控除などの所得控除をする前の金額です。平成30年8月からは、合計所得金額から「長期譲渡所得及び短期譲渡所得に係る特別控除額」を控除した金額を用います。

「介護保険負担割合証」を交付します

要介護・要支援認定者や事業対象者には、利用者負担の割合が記載されている「介護保険負担割合証」を交付します。サービスを利用するときは、介護保険証と一緒に提示してください。なお、現在介護認定を受けている人は、8月以降の負担割合を記載した負担割合証を7月中旬以降に順次発送します。

関連リンク

お問い合わせ