受動喫煙防止に関するアンケートの調査結果について

たばこの煙には3大有害物質(ニコチン・タール・一酸化炭素)が含まれています。それらはがん・脳卒中・虚血性心疾患などの多くの病気の原因であり、年間約13万人がたばこ関連の病気で亡くなっています。
受動喫煙とは、たばこを吸っていないのに、たばこの煙を吸わされてしまうことをいい、たばこを吸っている本人だけでなく吸わないまわりの人にも害があります。受動喫煙が原因による年間推定死亡数は1万5千人と言われています。

望まない受動喫煙の防止対策強化を目的として、健康増進法の一部が改正されました。それに基づき竜王町では、2020年4月1日から自治会館等の第二種施設は『原則屋内禁煙』となります。
法律に基づき県からの指導や罰則が適用されることから、令和元年度第2回区長会(11月21日開催)において、「自治会館における屋内禁煙ポスター」の配布と共に、各区長にご協力いただき自治会における受動喫煙防止に関するアンケートを実施させていただきました。

アンケート結果

令和2年度 ベジ7チャレンジの重点取組

『"吸わない!  吸えない!  吸いたくない!  "STOP 受動喫煙』 をスローガンに受動喫煙防止啓発を推進します。

すべての人が
「たばこの煙」を吸わないという意識を持ち、
「たばこの煙」を吸わない環境づくりをしていくために、
「たばこの煙」を吸いたくないという意思表示をしましょう!

ダウンロード

お問い合わせ

  • 竜王町役場 健康推進課 〒520-2592 滋賀県蒲生郡竜王町大字小口3
  • TEL:0748-58-1006FAX:0748-58-1007  (月〜金  8時30分〜17時15分)
  • kenko,town.ryuoh.shiga.jp