5・6月世界禁煙デー・滋賀県禁煙週間・ベジチャレ受動喫煙防止

世界保健機構(WHO)では「5月31日」を世界禁煙デーとし、厚生労働省および滋賀県でも、世界禁煙デーに始まる「5月31日〜6月6日」の一週間を「禁煙週間」と定めています。
「望まない受動喫煙の防止を図る」ために、平成30年7月に健康増進法の一部を改正する法律が成立し、令和2年4月1日に全面施行されたことから、今年度は「2020年、受動喫煙のない社会を目指して〜たばこの煙から子どもたちをまもろう〜」を禁煙週間のテーマとし、禁煙および受動喫煙防止の普及啓発が行われます。

受動喫煙とは・・・
たばこの先端から出る煙を「副流煙」といいます。副流煙には喫煙者が吸う「主流煙」よりも高い濃度の有害物質が含まれているため、周りの人の健康にさまざまな悪影響を及ぼします。この副流煙を自分の意思とは関係なく吸い込んでしまうことを「受動喫煙」といいます。加熱式たばこの煙(蒸気)にもニコチンや発がん性物質が含まれます。日本国内では年間約1万5千人の人が受動喫煙が原因で亡くなっています。

たばこの煙が及ぼす健康への悪影響を知り、受動喫煙について正しく理解し、自分の健康は自分で守る意識を持ちましょう!みんなで一緒に受動喫煙のない健康な竜王町を目指しましょう!

  • 竜王町役場  健康推進課〒520-2592 滋賀県蒲生郡竜王町大字小口3
  • TEL:0748-58-1006FAX:0748-58-1690  (月〜金  8時30分〜17時15分)
  • E-mail: kenko,town.ryuoh.shiga.jp