column vol.9「新元号への改元に便乗した詐欺にご注意ください」

5月1日の新元号への改元に関連し、これに便乗した消費者トラブルが全国で発生しています。

主な手口は、「改元による銀行法の改正に伴い、キャッシュカードを不正操作防止用へ変更する必要があります」、「あなたの預金口座が危険にさらされているので、キャッシュカードを新しいものに交換する必要があります」といった内容で、キャッシュカードや通帳をだまし取ろうとする新たな特殊詐欺です。

事前に犯人らしき人物から電話があり、後日自宅に受け取りに来るケースや、書類が郵送され、口座番号や暗証番号などを記載させて返送させるケースもあります。また、金融庁・銀行協会職員・警察官などを名乗り、自宅を訪問したり個人情報などを聞き出そうとしたりするケースもあります。

事業者団体や銀行などの金融機関がキャッシュカードや通帳を受け取りに行ったり暗証番号を尋ねたりすることは一切ありません。電話や訪問されたり書類が届いたりしても、絶対にキャッシュカードや通帳は渡さないようにし、暗証番号など個人情報を教えないようにしましょう。

消費者生活問題で困ったことがあれば、一人で悩まず、家族や友人など身近な人に相談する、または下記の相談窓口へご連絡ください。不審な電話や訪問は相手にせず、きっぱり断りましょう!

消費者トラブルに遭ったら、まずは相談することが早期解決につながります

竜王町消費生活相談窓口(防災センター内)

TEL:0748-58-3703  平日13時00分〜17時00分

滋賀県消費生活センター(彦根市)

TEL:0749-23-0999  平日・土日 9時15分〜16時00分

消費者ホットライン

TEL:188(いやや)  ※最寄りの消費生活相談窓口につながります。

過去コラム

お問い合わせ:竜王町役場  生活安全課(防災センター内) TEL:0748-58-3703 有線:58-3703