(昭和30年10月3日条例第40号)