竜王っこをはぐくむ「あったか給食」

竜王町学校給食センターでは、幼稚園、小学校、中学校の子どもたちのため、 毎日約1400食の給食を作っています。竜王町の給食の魅力は何と言っても炊きたてのご飯。 竜王産の環境こだわり米のコシヒカリを100%使用した「あったかご飯」は、週4日、90台の炊飯器で炊きあげられ、全校園へ届けられます。 献立は、季節の食材・郷土の食材を取り入れるなど、バラエティーに富んだメニュー。毎月19日は、「ふるさと給食」の日として、「近江牛ヒレカツ」、 「滋賀風ビビンバ」といった、町内・県内の特産物を使った献立を提供しています。また、地域の生産者の皆さんの協力のもと、 野菜やお米などの食材の約67%は竜王産のものを取り入れるなど、竜王町の大地の恵みを受けて育った食材が、安心、安全、 そしておいしい給食に調理されています。調理師さん、栄養士さん、地域の生産者の皆さんなど、たくさんの人たちの愛情が込められた給食は、子どもたちのたくましい成長の糧となっているのです。
竜王町役場 政策推進課 広報担当 : 0748-58-3701
『りゅうおうきらりんニュース』のバックナンバーはこちらです。