りゅうおうきらりんニュース
vol.100
2017.08.25

幸せを運ぶコウノトリが竜王町に舞い降りました!

8月9日、竜王町西川地先にコウノトリの「たからくん」がやってきました。たからくんは、2016年5月30日に福井県で生まれたオスで、同県が昨年9月25日に越前市の水田で放鳥した2羽のうちの1羽です。滋賀県高島市や石川県加賀市などを経て、この竜王町へ舞い降りました。日本のコウノトリは国の特別天然記念物に指定され、また絶滅のおそれのある鳥類として「絶滅危惧種」に指定されている大変貴重な鳥です。その姿は、白と黒のツートーンカラーで翼を広げると約2mもある大型の鳥です。たからくんは、田んぼに舞い降りてエサをつかまえたり、水辺で羽を休めたりして、竜王町の自然を満喫している様子。発見した地元の人たちからは、「なんてきれいな鳥!」「大きくて驚いた!」と感動の声があがっています。「幸せを運ぶ」といわれているコウノトリ、たからくんは竜王町に幸せを届けに来てくれたようです。

コウノトリを発見したら

コウノトリの安全を守るため、観察のポイントなどについての詳細はこちらをご参照ください。
⇒福井県ホームページ「コウノトリの位置情報について」ページ(外部リンク)

Facebookでコウノトリの情報をご覧いただけます。
⇒福井県Facebook「福井県自然環境課コウノトリ支援本部」ページ(外部リンク)

竜王町役場 未来創造課 広報担当 : 0748-58-3701