りゅうおうきらりんニュース
vol.103
2017.09.11

滋賀県民総スポーツの祭典「第70回滋賀県民体育大会」で優勝

8月6日に開催された「第70回滋賀県民体育大会  水泳競技」において、80歳以上・女子25m自由形、80歳以上・女子50m背泳ぎで、蒲生郡代表として初出場された北村佐和子(きたむら・さわこ)さん(松が丘)が、優勝の座を勝ち取られました。ジャパンマスターズのメダリストである神田利三朗(かんだ・りさぶろう)さん(岡屋)からの誘いで69歳から水泳を始められた北村さんは、当初は全く泳ぐことができず、水に顔さえつけることができませんでしたが、週に6回の練習を欠かさず続けられ、今では大会に出てメダルを獲得するまでの選手となりました。「69歳と水泳を始めるのは遅かったけど、続けてきてよかった。楽しくて仕方がない。きっと、水泳を始めていなければ、ごみを捨てに行くときしか歩かない生活になっていたと思う。これからも師匠について泳いでいきたい」と水泳に出会えた喜びを語られるとともに、師と仰ぐ神田さんに感謝の気持ちを伝えられました。「健康でみんなで楽しく泳ぎましょう」と一緒に泳げる仲間も募集中のお2人。今後も頼もしい人生の先輩としての姿を見せていただけることを楽しみにしています。
竜王町役場  未来創造課 広報担当 : 0748-58-3701