「治療より予防!」子どもたちの歯は滋賀県ナンバー1!

竜王町は以前、むし歯のある子どもたちが大変多い地域でしたが、 「治療より予防」を合言葉に、健康な歯を目指した歯科保健活動を行った結果、平成17年度には「滋賀県で一番むし歯が少ないまち」※になりました。 平成23年度の一人当たりの平均むし歯数は、小学6年生で0.09本(県平均0.82本)、中学1年生で0.24本(県平均1.13本)、 中学3年生で0.46本(県平均1.83本)となっていて、継続した歯の健康づくりを実践中。竜王町では、園や学校で給食後の歯磨き習慣を定着させるために、 竜王町オリジナル歯磨きソング「みんなでブラッシングー」を放送し、楽しく歯磨き習慣を身に付ける工夫を行っています。また、歯の質を強化するために、 園では毎日、小・中学校では週に1回フッ素洗口を実施。さらに、多くの糖分を含む清涼飲料水の飲み過ぎを防ぎ、町民皆さんの健康を保持・増進するために 「竜王チャチャチャ運動」でお茶を飲む習慣づくりを啓発しています。丈夫で健康な歯はかけがえのない財産です。 いつまでも自分の歯でおいしく食べて健康でいきいきとした生活を送るために、子どもたちには美しい歯を守り続けてほしいですね。
※市町別小学6年生、中学1年生、中学3年生の一人当たりの平均むし歯数によるものです。
竜王町役場 政策推進課 広報担当 : 0748-58-3701
『りゅうおうきらりんニュース』のバックナンバーはこちらです。