帰ってきた鴨のおはなし

妹背の里の園内にひろがる池には、数羽の合鴨たちが暮らしています。 この合鴨たちは、スクール農園で合鴨農法に取り組んだ竜王小学校から譲り受けたもので、妹背の里の池で泳いだり来園者にエサをもらったりしながら暮らしていました。 ところが今年9月にやってきた台風18号の降雨で、妹背の里は大きな被害を受け、合鴨たちの暮らす池も水位が急上昇し、近くの河川から泥土が流れ込んで堆積するなどし、 台風の後合鴨たちの姿が見えなくなっていました。鴨の羽は切ってあり飛べないため、どこかに流されていってしまったのか、山に逃れていってしまったのかと園の職員が心配していると、 しばらくして、合鴨たちは一羽も欠けることなく無事池に戻って来たそうです。 10月に入り、復旧作業によってほぼ元のとおりきれいになった池では、合鴨たちがのんびり身づくろいをしたり、エサをついばんだりしながら、ゆったりと安心した様子で泳ぎ回っていました。
竜王町役場 政策推進課 広報担当 : 0748-58-3701
『りゅうおうきらりんニュース』のバックナンバーはこちらです。