ありがとう!・・・妹背の里がおお賑わい!?

9月にやってきた台風18号の降雨で、 妹背の里は大きな被害を受け、鯉や合鴨たちの暮らす池も、近くの河川から泥土が流れ込んで堆積するなど被害を受けました。 台風の後、合鴨たちは無事池に戻ってきたものの、鯉の数は減り、園内は復旧作業が急がれていましたが、被害後のひっそりとした少し寂しい雰囲気がありました。 このような中、11月に高島市の「道の駅しんあさひ風車村」さんより、「施設改装のため、風車村の鳥達の引き受け先をさがしています」と申し出をいただき、 妹背の里に新たにアヒル19羽、合鴨7羽、白鳥1羽がやってきました。また、町内西出の三田池が、池の水を抜かれるのに合わせて、西出自治会から鯉を80匹とフナ20匹を届けていただきました。 無事に引越しを終え、妹背の里の池に落ち着いた鳥や魚たちは、職員が水鳥用の小屋を手作りするなど大切にされており、元気いっぱいの様子。「水鳥の元気な鳴き声を聞くと妹背の里の復旧を応援していてくれるように思います。 大きな被害を受けましたが、皆さんの温かいお心づかいに感激しています。」と職員さんも満面の笑み。ぜひ妹背の里の新しい仲間達に会いに行ってみて下さい。
⇒妹背の里ブログ(外部リンク)
⇒きらりんニュースNo.20「帰ってきた鴨のおはなし」
竜王町役場 政策推進課 広報担当 : 0748-58-3701
『りゅうおうきらりんニュース』のバックナンバーはこちらです。