竜王の冬の風物詩・・シルバーさんの門松づくり

12月25日、クリスマスのこの日、竜王町公民館横のシルバー人材センターの作業所前で、お正月にむけて恒例の門松作りが始まっていました。 シルバー人材センターでは6、7年ほど前から門松の制作を請け負われるようになり、完成した門松が作業所前に立ち並ぶ様子はなかなか壮観で、 毎年、公民館に訪れた人や買い物に訪れた人たちの足をとめています。 門松作りは、毎年この時期に材料集めから出荷までを4、5人で4日程度でされるとのこと。町内の竹林や山林から竹や松などを切り出して材料が準備できると、 漬物桶に荒縄を巻いた土台に、竹を3本組みにして立て、松、熊笹、千両、葉牡丹、ゆずり葉などをバランスよく飾り付けられます。出来上がりは、大きいものが高さ150cm、 小さいものか110cmとのこと。今年は町内の事業所を中心に17対ほどの注文があり、27日頃にそれぞれ注文先へお届けされるとのことでした。 制作された会員さんは「出来上がった門松が軽トラに載せられて出て行く様子はなかなかのものですよ。嫁入り道具が運ばれていくような感じです」と縁起のよい様子を語られました。
竜王町役場 政策推進課 広報担当 : 0748-58-3701
『りゅうおうきらりんニュース』のバックナンバーはこちらです。