地域経済分析システム「RESAS(リーサス)」の提供が開始
〜創業比率で竜王町が全国第1位に〜

内閣官房(まち・ひと・しごと創生本部事務局)および経済産業省は、産業構造や人口動態、人の流れなどに関する”ビッグデータ”を集約し、可視化するシステムについて検証を重ね、4月21日から地域経済分析システム「RESAS(リーサス)」の提供を開始しました。そのデータの中で、2009年から2012年の3年間での新規企業の進出を表す創業比率が全国で最も高い自治体として、竜王町が1位となりました。創業比率が高かった理由には、2010年に三井アウトレットパーク滋賀竜王が開業されたことに伴い、多くの事業所が創業されたことなどが考えられます。「RESAS」は、企業間取引に関するデータを除いて一般の方でもWeb上で見ることができます。
詳しくは、RESASサイトHP ⇒https://resas.go.jp/(外部リンク)をご覧ください。
※Google Chromeブラウザをご利用ください。
竜王町役場 政策推進課 広報担当 : 0748-58-3701