竜王中学校使節団がスーセー・マリー市を訪問
〜竜王町中学生海外派遣研修事業〜

竜王町では、平成5年度から竜王町の姉妹都市である米国ミシガン州スーセー・マリー市との中学生の派遣受け入れを交互に行い、友好親善を深めています。今年は、派遣の年に当たり、9月26日〜10月3日に、竜王中学校2・3年生の生徒15人、引率者3人が使節団として、スーセー・マリー市を訪問し、同市内のホストファミリー宅でホームステイをしながら、市内外の施設や観光地を見学したり学校を訪問したりして、地域住民や子どもたちとのふれあいを通して、アメリカの社会と文化を学びました。帰国した生徒の一人は、「これからもっともっと英語を勉強して、うまく話せるようになり、またスーセー・マリーに行きたい」と語学力向上への意気込みをみせました。8日間の交流体験が生徒たちのこれからの学習や夢の実現の後押しとなるとともに、周囲に伝えられることにより、大きな国際理解につながることが期待されます。
1月末日に、竜王小学校・竜王西小学校の5・6年生を対象に報告会を開き、日本とアメリカの文化の違いやアメリカでの学びの様子を伝える予定です。

関連リンク(過去の記事)

竜王町役場 政策推進課 広報担当 : 0748-58-3701