りゅうおうきらりんニュース
vol.65
2016.09.28

みんなの願い「差別のないまち」をめざして

〜人推協が同和問題啓発強調月間に街頭啓発〜

滋賀県では、毎年9月を「同和問題啓発強調月間」と定め、竜王町においても県民の皆さんに同和問題に対する正しい理解と認識を深めるため、部落差別をはじめとするあらゆる差別の解消に向けて、主体的に行動していただけるよう、さまざまな啓発に取り組んでいます。9月1日には平和堂フレンドマート竜王店前(小口)で竜王町人権教育推進協議会啓発委員会の委員の皆さんが、また、同月17日には竜王小学校と竜王西小学の校門前で竜王町人権教育推進協議会人権部会の皆さんが、「9月は同和問題啓発強調月間です」と書かれたタスキ掛け姿で、親子や家族など一人一人へ啓発品を手渡し、同和問題の解決を呼び掛けました。

9月は「同和問題啓発強調月間」です

同和問題は、生まれた所や住んでいる所によって差別を受けるという日本固有の人権問題です。一人一人が同和問題について正しく理解し、自分自身の問題としてとらえ、偏見や世間体にとらわれずに正しく判断し、自分の意思で行動することが大切です。
竜王町役場 政策推進課 広報担当 : 0748-58-3701