トップページ くらしの情報 観光・イベント 事業所の方 まちの情報
身体障がいのある人の日常生活の自立を支援するために、いろいろな援助の制度があります。これらの制度を利用するためには「身体障害者手帳」が必要です。身体障害者手帳は、申請に基づいて、目や耳、手足などに定められた程度以上の永続する障がいがある人に滋賀県知事から交付されます。

 障がいの範囲

  • 視覚障がい
  • 聴覚障がいまたは平衡機能障がい
  • 音声機能、言語機能またはそしゃく機能の障がい
  • 心臓機能、じん臓機能、呼吸器機能、ぼうこう機能または直腸機能、小腸機能、肝臓機能、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障がい
  • 肢体不自由(上肢、下肢、体幹、脳原性運動機能障がいの上肢・移動機能)

 障がいの程度

障がいの程度は、重い方から順に、1級から7級まで分けられています。身体障害者手帳が交付されるのは、各障がい程度の総合が1級から6級までの人となります。

 申請について

 必要なもの

 はじめて手帳を申請される人

  1. 診断書・・・知事の指定を受けた医師の診断を受けてください。
  2. 申請書
  3. 顔写真・・・6ヶ月以内のもの。たて4cm×よこ3cmを2枚。インスタント写真などは不可。上半身、脱帽。サングラスなどを着用しておらず、顔がはっきりとわかるもの。
  4. 印鑑 ※シャチハタなどは不可

 障がいの程度の変更、障がいの追加による再交付の申請をされる人

  1. 診断書・・・知事の指定を受けた医師の診断を受けてください。
  2. 申請書
  3. 顔写真・・・6ヶ月以内のもの。たて4cm×よこ3cmを2枚。インスタント写真などは不可。上半身、脱帽。サングラスなどを着用しておらず、顔がはっきりとわかるもの。
  4. 印鑑 ※シャチハタなどは不可
  5. 身体障害者手帳

 なくしたり汚れたりして再交付の申請をされる人

  1. 申請書
  2. 顔写真・・・6ヶ月以内のもの。たて4cm×よこ3cmを2枚。インスタント写真などは不可。上半身、脱帽。サングラスなどを着用しておらず、顔がはっきりとわかるもの。
  3. 印鑑 ※シャチハタなどは不可
  4. 身体障害者手帳(紛失の場合は不要)
※住所、氏名、保護者などが変わった場合や本人が死亡した場合は、変更または返還の手続きが必要となります。身体障害者手帳と印鑑(シャチハタなどは不可)を持参して申請してください。

 ダウンロード

お問い合わせ:竜王町役場 健康推進課 保健センター内 TEL:0748-58−1006 有線:58−1006
Copyright © Town.Ryuoh.Shiga,Japan. All rights reserved.