知的障がいのある人の日常生活の自立を支援するために、いろいろな援助の制度があります。これらの制度を利用するためには、「療育手帳」が必要です。 療育手帳は、申請に基づいて、知的障がいのある人に対して滋賀県知事から交付されます。

 障がいの程度

障がいの程度は、重い方から順に、A1、A2、B1、B2に分けられています。本人または保護者の申請により、 原則として申請時に18歳未満の人については「滋賀県彦根子ども家庭相談センター」、18歳以上の人については「滋賀県立精神保健福祉センター」の判定を受けていただくことになります。
⇒滋賀県彦根子ども家庭相談センター(外部リンク)
⇒滋賀県立精神保健福祉センター(外部リンク)

 申請について

 必要なもの

 はじめて手帳の申請をされる人

  1. 申請書
  2. 顔写真・・・6ヶ月以内のもの。たて4cm×よこ3cmを2枚。インスタント写真などは不可。上半身、脱帽。サングラスなどを着用しておらず、顔がはっきりとわかるもの。
  3. 印鑑 ※シャチハタなどは不可

 障がいの程度の変更(再判定)の申請をされる人

  1. 申請書
  2. 顔写真・・・6ヶ月以内のもの。たて4cm×よこ3cmを2枚。インスタント写真などは不可。上半身、脱帽。サングラスなどを着用しておらず、顔がはっきりとわかるもの。
  3. 印鑑 ※シャチハタなどは不可
  4. 療育手帳

 なくしたり汚れたりして再交付の申請をされる人

  1. 申請書
  2. 顔写真・・・6ヶ月以内のもの。たて4cm×よこ3cmを2枚。インスタント写真などは不可。上半身、脱帽。サングラスなどを着用しておらず、顔がはっきりとわかるもの。
  3. 印鑑 ※シャチハタなどは不可
  4. 療育手帳
※住所、氏名、保護者などが変わった場合や本人が死亡した場合は、変更または返還の手続きが必要となります。療育手帳と印鑑(シャチハタなどは不可)を持参して申請してください。

 ダウンロード

お問い合わせ:竜王町役場 健康推進課 保健センター内 TEL:0748-58−1006 有線:58−1006
Copyright © Town.Ryuoh.Shiga,Japan. All rights reserved.