精神障がいのある人の日常生活の自立を支援するために、いろいろな援助の制度があります。これらの制度を利用するためには、「精神障害者保健福祉手帳」が必要です。精神障害者保健福祉手帳は、申請に基づいて、精神障がいのある人に対して滋賀県知事から交付されます。発達障がいや高次脳機能障がいと判断された人も申請できます。

障がいの程度

障がいの程度は、重度の方から順に1級から3級まで分けられています。

申請について

保健センターへ申請してください。

  • ※支給決定までには2〜3カ月ほどかかります。
  • ※2年毎に更新の手続きが必要です。有効期限の3カ月前から手続きができます。

必要なもの

新規交付

新規のときは診断書を添えて申請してください。(有効期限2年)

  1. 申請書
  2. 診断書(手帳用)または障害者年金証書(基礎年金番号記載のもの)などの写し
  3. 顔写真・・・1年以内のもの。たて4cm×よこ3cmを1枚。インスタント写真不可。上半身、脱帽。
  4. 個人番号カード・通知カードなどマイナンバーの分かるもの
  5. 本人確認書類(運転免許証など)
  6. 印鑑(スタンプ式不可)

年金証書などによる申請の場合は、診断書の代わりに年金証書の写しと、直近の年金振込通知書または年金支払通知書の写し、照会についての同意書が必要です。

更新

更新する際は、有効期限の終了する日のおおむね3カ月前から申請できます。(有効期限2年)

  1. 申請書
  2. 診断書
  3. 精神障害者保健福祉手帳の写し
  4. 顔写真・・・1年以内のもの。たて4cm×よこ3cmを1枚。インスタント写真不可。上半身、脱帽。※新しい手帳の発行をご希望の場合のみ
  5. 個人番号カード・通知カードなどマイナンバーの分かるもの
  6. 本人確認書類(運転免許証など)
  7. 印鑑(スタンプ式不可)

年金証書などによる申請の場合は、新規交付時と同様の書類が必要です。

障がい程度変更

障がいの程度が変わったと思われる人は、診断書を添えて申請してください。

  1. 申請書
  2. 障害者手帳
  3. 顔写真
  4. 個人番号カード・通知カードなどマイナンバーの分かるもの
  5. 本人確認書類(運転免許証など)
  6. 印鑑(スタンプ式不可)
  7. 診断書又は年金証書の写し

再交付

紛失・破損などのときは、再交付の申請をしてください。

  1. 申請書
  2. 顔写真・・・1年以内のもの。たて4cm×よこ3cmを1枚。インスタント写真不可。上半身、脱帽。
  3. 個人番号カード・通知カードなどマイナンバーの分かるもの
  4. 本人確認書類(運転免許証など)
  5. 印鑑(スタンプ式不可)

居住地・氏名などの変更

住所や氏名を変更したときは、速やかに居住地の市町村に申請してください。他府県から転入されたときは新たな手帳の交付を受けてください。

  1. 申請書
  2. 障害者手帳
  3. 顔写真・・・1年以内のもの。たて4cm×よこ3cmを1枚。インスタント写真不可。上半身、脱帽。
  4. 個人番号カード・通知カードなどマイナンバーの分かるもの
  5. 本人確認書類(運転免許証など)
  6. 印鑑(スタンプ式不可)

返還

死亡された場合や再交付を受けた場合、手帳を返還しなければなりません。

  1. 障害者手帳
  2. 手帳返還届
  3. 個人番号カード・通知カードなどマイナンバーの分かるもの
  4. 本人確認書類(運転免許証など)
  5. 届出人の印鑑

リンク

お問い合わせ:竜王町役場 健康推進課 保健センター内 TEL:0748-58−1006 有線:58−1006
Copyright © Town.Ryuoh.Shiga,Japan. All rights reserved.