トップページ くらしの情報 観光・イベント 事業所の方 まちの情報
固定資産税は、毎年1月1日(賦課期日といいます)現在で土地・家屋・償却資産を所有する人が、その固定資産の所在する市町村に納める税金です。固定資産税の納税義務者(納める人)は、土地・家屋の登記簿または、土地・家屋の補充課税台帳に所有者として登記または登録されている人および償却資産課税台帳に所有者として登録されている人です。
ただし、所有者として登記(登録)されている人が賦課期日前に死亡している場合などは、相続人(複数の場合は、その代表者として届出をした人)が納めることになります。 固定資産税額は、固定資産を評価して、その価格を決定し、決定した価格を基に課税標準額を算定します。課税標準額に税率の100分の1.4を乗じた金額が税額となり、5月、7月、11月、翌年の2月の4回で口座振替か直接納付の方法で納めていただくことになります。

 建物を取り壊したとき

固定資産税は、毎年1月1日現在、対象となる家屋が存在するかどうかで決定されます。家屋の新築・改築並びに増築等は随時巡回調査をしていますが、建物登記簿に登記されていない家屋などは、所有者からの申し出がないと把握できない場合があります。
家屋の取り壊しをされた場合は、年内中に印鑑をご持参のうえ、税務課まで家屋減失申請書の提出をお願いします。また、当該当年より以前に取り壊した家屋がある場合は、取り壊し証明書および取り壊した業者の印鑑登録証明書を添付してください。

⇒家屋減失申請書(PDF)

 未登記家屋の名義変更

固定資産税は、毎年1月1日現在の所有者に課税されますが、建物登記簿に登記されていない建物の異動や名義変更は、所有者の方からの申し出がないと把握することができません。
未登記家屋の名義を変更される場合は、印鑑をご持参のうえ、必要書類を添付して税務課まで未登記家屋所有権移転申出書の提出をお願いします。

⇒未登記家屋所有権移転申出書(PDF)

 償却資産について

工場や商店の経営、駐車場やアパートの貸付などの事業を行っている法人や個人の人が、その事業の用に供している「構築物、機械及び装置、船舶、航空機、車両および運搬具、工具、器具および備品」の固定資産を償却資産といいます。具体的には、その減価償却額または減価償却費が法人税法または所得税法の規定による所得の計算上、損金または必要な経費に算入されるものをいいます。
償却資産の所有者は、地方税法第383条の規定により、毎年1月1日現在の所有状況などを申告いただくこととなっていますので、竜王町内に事業用の償却資産を所有している人は、申告書を作成の上、期限内にご提出をお願いいたします。
なお、申告方法については、「平成29年度固定資産税(償却資産)申告の手引き」をご覧ください。

申告期限

平成29年1月31日(火)

ダウンロード

 太陽光発電設備に係る固定資産税(償却資産)の申告について

太陽光発電設備も償却資産に該当し、申告の対象となる場合があります。詳しくは、「太陽光発電設備の固定資産税(償却資産)の申告について」をご覧ください。
お問い合わせ:竜王町役場 税務課 TEL:0748-58-3750 有線:58-3750
Copyright © Town.Ryuoh.Shiga,Japan. All rights reserved.