鏡の宿 義経元服ものがたり 滋賀県竜王町観光協会
鏡の宿 義経元服ものがたり
義経元服のいわれ
それではこれより源義経(みなもとのよしつね)のお話をいたしましょう。
義経は、幼名を牛若丸と言い、源氏の総領である源義朝(みなもとのよしとも)の九男として生まれました。母は、義朝の愛妾で九条院の雑仕(ぞうし)であった常盤御前(ときわごぜん)でございます。
父義朝が平治の乱(1159年12月)で平清盛(たいらのきよもり)に敗れた際、母常磐(ときわ)は、今若、乙若、牛若の三人の子を連れ吉野に逃れました。ところが、清盛に母親を質に取られてしまい、母親と子供の命乞いのため清盛の妾の一人となるのでございます。
その後、常盤は清盛との間に女の子をもうけた後、さらに一条の大蔵卿藤原長成(おおくらきょうふじわらながなり)に嫁ぎ男子を産んでおります。
牛若丸は京の鞍馬寺に預けられますが、継父の大蔵卿藤原長成が義経の鞍馬での扶持(ふじ)を負担いたします。
母常磐と継父長成、鞍馬の阿闍梨(あじゃり)も牛若に僧になることをすすめますが自分が源氏の嫡流(ちゃくりゅう)と知り、兵法書「六韜三略(りくとうさんりゃく)」を読み剣術の修行に励むのでございました。


承安(じょうあん)4年3月3日(1174)の暁(あかつき)のこと、京の鞍馬寺で「遮那(しゃな)王」と名乗っておりました牛若は、金売り商人吉次(きちじ)と下総(しもうさ)の深栖(ふかす)の三郎光重が子、陵助頼重(みささぎのすけよりしげ)を同伴して奥州の藤原秀衡(ひでひら)の元へ出発いたしました。
なぜ奥州であったかと申しますと、継父藤原長成の従兄弟の藤原基成(もとなり)は後白河法皇(ごしらかわほうおう)の重臣で、奥州藤原秀衡の妻に自分の娘を嫁がせておりました。
この縁で義経は奥州藤原氏と関係を持ったのではないかと考えられております。

「平治物語へいじものがたり」(鎌倉初期の作)では、義経は吉次に「この身を、いかようにせんとも奥州のゆゆしき人(藤原秀衡)のもとに、連れ行かんことを望む」と頼み込んだとございます。

一方「義経記ぎけいき」(室町初期の作)によると、吉次に、遮那王がひそかにわが身分を明かしたところ、吉次から「御曹司が今のままでは、まこと危うし。奥州に下向なさるべし」と熱心に薦められ、鞍馬寺から下ったとございます。

義経記は、平治物語より100年ほど後に創作されたものですから、やはり史実に則っているのは平治物語の方かもしれません。

その夜、近江の「鏡の宿」に入り、時の長者「沢弥傳(さわやでん)」の屋敷に泊まります。長者は駅長(うまやのおさ)とも呼ばれ、弥傳屋敷は宿名を「白木屋」(しらきや)と称しました。

平治物語に「生年十六と申す承安四年三月三日の暁、鞍馬を出でて、東路遙に思い立つ、心の程こそ悲しけれ。その夜鏡の宿に着き、夜更けて後、手づから髪(もとどり)取り上げて、懐(ふところ)より烏帽子取り出し、ひたと打著(うちき)て打出で給えば、陵助(みささぎのすけ)、早や御元服候ひけるや。御名はいかにと問い奉れば、烏帽子親も無ければ、手づから源九郎義経(みなもとのくろうよしつね)とこそ名告(なの)り侍(はべ)れと答えて」とございます。

では、なぜ、ここ鏡の宿で元服をしたのか?と申しますと・・・

鞍馬でただ一途に平家滅亡を心に誓って剣術の稽古に励んでおりました牛若丸は、金売り吉次より奥州の藤原秀衡が会いたがっているという事を聞き機運到来と喜び勇んで鞍馬を後にいたしましたが、鏡の宿に入ってまもなく表で早飛脚の声をよくよく聞けば鞍馬よりの追手か平家の侍たちか、稚児姿(寺院で召し使われた少年の姿)の牛若を探しているではございませんか。
これは我等のことに違いない。このままの姿では取り押さえられてしまいます。
急ぎ髪を切り烏帽子を着けて東男(あずまおとこ)に身を窶(やつ)さねばと元服することを決心するのでございました。

そこで白木屋の近くで烏帽子を折る烏帽子屋五郎大夫(えぼしやごろうたゆう)に源氏の左折れの烏帽子を注文いたします。
左折(ひだりおり)とは烏帽子の頂を左方に折り返して作ることで、源氏は左折を用い、平家は右折のものを用いておりました。しかし今は平家の全盛期で、源氏の左折の烏帽子は御法度(ごはっと)で五郎大夫もためらいますが牛若のたっての願いと、幼い人が用いるものなれば平家よりのお咎(とが)めもあるまいと引き受けるのでございます。

烏帽子の代金に牛若は自分の刀を烏帽子屋に与え白木屋に戻ります。

烏帽子屋五郎大夫は見事な刀を賜ったと喜びますが、その妻は刀を見て涙を流すのでございました。
その刀は古年刀(こねんとう)で源氏重代の刀剣でございました。

実は五郎大夫の妻は、野間の内海(のまのうつみ)にて果てた義朝の家臣鎌田兵衛正清(かまたひょうえまさきよ)の妹(あこやの前)でございました(母は義朝の乳母)。平治の乱に敗れた義朝は鎌田正清と共に、鎌田正清の娘の舅(しゅうと)父子の裏切りで殺害されております。

夫が受け取った刀は、常盤御前(ときわごぜん)が腹より三番目に出生した牛若(義朝の九男)の護り刀(まもりがたな)として左馬頭(さまのかみ《義朝》)が授(さず)けたものでございました。(武家にて男子出生すれば必ず守刀として刀を授ける習慣がありました)その使いを自分がしたのですから確かに見覚えがございました。

「源家繁栄の世にてあらば、牛若君が身をやつして流浪することもなきものを、何とおいたわしいことでしょうか。」
と夫に打ち明けるのでございました。

その事を聞いた烏帽子折は驚嘆落涙(きょうたんらくるい)し刀を妻に渡し、

妻は喜び早速牛若の宿を訪ね、「この刀を御受納ありて」と、護り刀を返し主従の名乗りを挙げるのでございました。牛若も、なんと不思議な縁(えにし)かと喜びました。

あこやの前が帰った後、牛若は、鏡池の石清水(いわしみず)を用いて前髪を落としました。

しかし烏帽子親も無く(通常は二人の烏帽子親が必要)考えたところ源氏の祖先は八幡大菩薩(はちまんだいぼさつ)
、新羅明神(しらぎみょうじん)の前で元服をしたと聞く。義経の四代前の八幡太郎義家(はちまんたろうよしいえ)は、京都の石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)の神前で元服し、その弟の新羅三郎義光(しんらさぶろうよしみつ)は、新羅大明神(しらぎだいみょうじん)の神前で元服式をあげたと言われます。
ならば、牛若もそれにならい鞍馬の毘沙門天(びしゃもんてん)と、氏神の八幡神(はちまんじん)を烏帽子親にしようと思い、太刀(たち)を毘沙門天、脇差(わきざし)を八幡神に見立て、自ら元服式を行ったのでございます。

その時牛若丸16歳、鳥帽子名を源九郎義経(みなもとのくろうよしつね)とし、天日槍(あめのひぼこ)新羅大明神(しらぎだいみょうじん)を祀る鏡神社へ参拝し源氏の再興と武運長久を祈願したと伝えられております。


その後、次々と武勇を発揮していく義経は、清盛の子である、平宗盛(たいらのむねもり)父子を捕虜として鎌倉に向かいます。しかし、兄の頼朝は勝手に官位をもらった者は、鎌倉に入ってはならないと命令を出し、義経は仕方なく腰越(こしごえ)から京に引き返します。

その帰路、「鏡の宿」を通り過ぎた篠原(しのはら)地先において、平宗盛(たいらのむねもり)父子を断罪したのでございました。
その地には宗盛の首を洗った「首洗いの池」又の名を「かわず鳴かずの池」があり、胴だけ残されたので宗盛塚も建てられています。ここが平家終焉の地でございます。

義経が元服した「鏡の宿」と「平家終焉の地」は滋賀県のほぼ同じところにあるのでございます。
それはどうしてでしょうか?

義経は、元服後も何度か「鏡の宿」に立ち寄っておりますが、その日は義経自ら元服した「鏡の宿」を血で穢(けが)すのを避けてわざと通り過ぎたと伝えられております。

謡曲「烏帽子折」(えぼしおり)でも、鏡の宿場での元服が表されておりますが、今もこの地には、元服の時に使った盥(たらい)の底と、水を汲み上げた池(元服池)、烏帽子を掛けたとされる松(鏡神社境内にある松)が残っております。
義経の元服池 義経宿泊の館「白木屋」 義経元服の盥(たらい)
義経の「元服池
(げんぷくいけ)
源義経宿泊の館
白木屋」跡
(しらきや)
義経元服の折使用の
盥(たらい)
鏡神社 烏帽子屋五郎大夫屋敷跡 烏帽子掛松
元服の折参拝の
鏡神社
(かがみじんじゃ)
烏帽子屋
五郎大夫の屋敷跡

(えぼしやごろうたゆう)
烏帽子掛松
(えぼしかけまつ)
元服後の義経公を祀る「八幡神社」 とがらい祭り 平家終焉の地
元服後の義経公を祀る
八幡神社
(はちまんじんじゃ)

義経公を偲んで今も残る
とがらい祭り
平家終焉の地
「宗盛塚」(むねもりづか)
「蛙なかずの池」
謡曲「烏帽子折」(えぼしおり)
皆様は「烏帽子折」(えぼしおり)と言う謡曲をご存知でございましょうか?能で謡う謡(うたい)のことでございます。
「烏帽子折」では、牛若丸は近江の「鏡の宿」で元服して、美濃「赤坂の宿」で強盗の熊坂長範(くまさかちょうはん)を討ち取ったとなっております。
ここでは鏡の宿の件(くだり)のみをご紹介させていただきましょう。

謡曲「烏帽子折」を見る→
判官贔屓(ほうがんびいき)
世に判官贔屓(ほうがんびいき)という言葉がございます。
判官(ほうがん)とは、義経が後白河法皇から検非違使尉(けびいしのじょう)という裁判官と警察官を兼ねた様な官位を賜ったということから義経のことを指す言葉になりました。
義経は平氏との戦で多くの手柄をたてていましたが、この勝手に官位をもらったという事が兄の頼朝から疎(うと)まれ、追われる原因のひとつとなります。
最期(さいご)には平泉にあった衣川(ころもがわ)の館で自害いたしますが、その後、義経は悲劇の英雄として人々の同情を集め多くの伝説や物語に画かれました。
義経は実は生きて北海道から蒙古(もうこ)に渡り成吉思汗(ジンギス・かん)となったという説もございます。
全国の義経にまつわる地域と人物をご紹介いたしましょう。


義経年表と全国の義経ゆかりの物語や伝説を見る→
牛若丸のうた
皆様は「牛若丸のうた」というのがあるのをごぞんじでございましょうか?
京の鞍馬では毎年義経祭に奉唱されているそうでございます。
この中にも「鏡の宿の元服」が表されております。
牛若丸のうたを見る→
いかがでございましたでしょうか。これで「鏡の宿」での義経の元服のいわれがお解かりいただけましたでしょうか。まだまだ魅力いっぱいの鏡の里を皆様にお見せしとうございます。
NEW!義経に関するイベント&メディアに登場>>
義経元服ものがたり
トップページ
・義経元服の
いわれ
鏡の里周辺の
見どころ
竜王の名所と
味わい探訪
道の駅
竜王かがみの里
〒520-2592 滋賀県蒲生郡竜王町小口3(竜王町産業振興課内)
竜王町観光協会

TEL:0748-58-3715 FAX:0748-58-3730
E-mail:
dragon-kanko@rmc.ne.jp
Copyright.2004-2007.竜王町観光協会 All rights reserved.