鏡の宿 義経元服ものがたり 滋賀県竜王町観光協会
鏡の宿 義経元服ものがたり
源義経 元服の地
東山道 鏡の宿(とうさんどう かがみのしゅく)
 源義経(みなもとのよしつね)元服の地、いにしえの馨りを感じさせてくれる滋賀県竜王町「鏡の里」にようこそおこしくださいました。
鏡の里は、旧義経街道といわれた「東山道」(とうさんどう)八十六の駅(うまや)のひとつ「鏡の宿」に位置し、古来より多くの旅人たちの休、泊の宿場でありました。
平安後期、平治の乱で源氏が敗れ、平氏が台頭、世はまさに平家一門の栄華を極めた時代でございました。
しかし、密かに平家の滅亡を夢み、京の鞍馬でただひたすら剣術の稽古に励む少年がおりました。
その名は遮那王、幼名を牛若丸と申します。
機熟し、奥州下向の途中ここ「鏡の宿」にて烏帽子を着け、ただひとりで元服したと言われております。
今もこの地には「元服池」や、元服の時に使った盥(たらい)の底、烏帽子を掛けたとされる「烏帽子掛松」などが残っております。
これから皆様に、義経の元服にまつわる物語と、鏡の里周辺の見どころや竜王の名所、またこの地に建てられた道の駅「竜王かがみの里」のご紹介をさせていただきとうございます。
どうぞごゆっくりとご覧くださいませ。
さて、義経はどうしてこの地で元服をした
のでございましょうか?・・・→
NEW!義経に関するイベント&メディアに登場>> NEW! 鏡の里で元服してみませんか?元服される方募集!!>>
・義経元服ものがたり
トップページ
義経元服の
いわれ
鏡の里周辺の
見どころ
竜王の名所と
味わい探訪
道の駅
竜王かがみの里
〒520-2592 滋賀県蒲生郡竜王町小口3(竜王町産業振興課内)
竜王町観光協会

TEL:0748-58-3715 FAX:0748-58-58-3730
E-mail:
dragon-kanko@rmc.ne.jp
Copyright.2004-2009.竜王町観光協会 All rights reserved.