義経元服料理(2004/12/22)道の駅竜王かがみの里にて試食会をしました!
義経元服料理2005年成人の日(1月10日)より販売開始(要予約)
幼名牛若丸から天才武将「源義経」に初名乗りを挙げた「義経誕生の地」である「鏡の宿」(滋賀県竜王町)は、「義経元服料理」を再現し、2005年成人の日(1月10日)より販売を開始しました。
今回発表いたしました「義経元服料理」は、鎌倉時代の武士階級における祝宴等の宴会料理を基本として竜王町「鏡の宿」の地理的条件や当時の食品流通状態、竜王町の食文化等を加味して企画再現いたしました。
一例をあげれば、鎌倉時代の東近江地域は内陸部であり京都と同様に海で獲れる新鮮な魚介類を食材とする事は非常に難しく「塩さば」「塩ぶり」等の塩蔵されたものや干物であったと考えられます。
特に当竜王町独特の伝統料理に「鰤ぶりのぬた」(地元では訛ってのた)と呼ばれる塩漬けのブリがある事からも今回の「義経元服料理」の一品に加えさせていただきました。
基本的な時代考証や資料については、東京町田市玉川学園研究員、多賀譲治先生のご意見を参考にさせていただき、竜王町商工会料理部会の専門家が検討を加えてメニューを決定いたしました。尚、味付けについては現代風にアレンジを加えております。
今回発表の「義経元服料理」は「道の駅竜王かがみの里」と「竜王町商工会料理部会各店」にて提供を行います。
お問い合わせは、竜王町観光協会TEL(0748)58-3715まで(要予約3人以上でお申し込みください)
・画像をクリックすると拡大します
義経元服料理 義経元服料理
義経元服料理
源義経「元服料理」に舌鼓
お味はいかが?
義経元服料理 地酒の白酒も入って
1人前2100円(税込み)
義経元服料理 義経元服料理試食会
報道関係者の方も
一緒に試食会
鰤のぬた 煮物 鴨とかぶら甘煮
塩鰤(ぶり)のぬた
(竜王町限定名産品として販売予定)「近江竜王塩ぶりぬた」で商標登録出願中!おもいっきりテレビでも紹介されました!
煮物 鴨とかぶら甘煮
塩鯖と菜たね 車えび 香の物
塩鯖と菜たね 車えび 香の物
里芋揚げ 試食会 インタビュー
里芋揚げ 試食会風景
Copyright.2004.竜王町観光協会 All rights reserved.