りゅうおうきらりんニュース

2月12日、竜王町防災センターで、竜王町と山梨県甲斐市の「災害時等の相互応援に関する協定」の締結式(オンライン)が行われました。竜王町では全国各地で地震や豪雨など自然災害が頻発していることを踏まえ、遠方の自治体との新たな災害相互応援協定の締結を検討している中、甲斐市の旧竜王町とは市町村名に「竜」のつくまちとして昭和49年に姉妹提携し、「ドラゴンサミット」を開催するなどの交流を重ねてきた縁から、今回の協定につながりました。県外の自治体と協定を結ぶのは、これが2例目となります(1例目=福島県新地町)。協定書には、応急対策や復旧活動に必要な職員の派遣、食糧、飲料水、生活必需品物資の供給や資機材の提供、被災者の一時受け入れなどを互いに迅速に行うとあり、モニターを通じて保坂市長と協定書を交わしました。西田町長は、「災害時に支え合い応援し合う体制を持っていることは非常に心強い」と、互いに助け合う意思を確認し合い協力への感謝を述べました。

バックナンバー

お問い合わせ:竜王町役場  未来創造課 TEL:0748-58-3701