防災・安全ー 防災対策  災害時の避難

平成30年7月豪雨(西日本豪雨)を教訓に、「避難勧告等に関するガイドライン」(内閣府)が改定されたことを受け、次の通り避難情報などの発令について変更しました。

主な変更点

  • 従来の避難情報に「警戒レベル」を付与し、避難情報などを発令します。
  • 【警戒レベル5  災害発生情報】(災害がすでに発生している状態)が新設されました。状況に応じて町が発令します。
  • 今回の「避難勧告等に関するガイドライン」の見直しに伴い、気象庁が発表する防災気象情報についても【警戒レベル●相当情報】として発表されます。自主的な避難行動をとるための情報となっており、竜王町が発令する避難情報などとは異なりますのでご注意ください。

災害時の避難

災害時にいざ避難しようとするとあわててしまいがちです。災害が発生しても落ち着いた行動ができるように、日ごろから備えておきましょう。

避難のタイミング

風水害や土砂災害など災害の危険が生じる恐れがある場合に、町から避難に関する情報を発令します。避難情報は、災害の危険度に応じ発令されますので、各情報に対応した避難行動を取りましょう。また、避難情報が発令される前でも危険を感じた場合などは、自主的に安全な場所に避難するように心掛けてください。

【警戒レベル5】災害発生情報「竜王町が発令」

  • 災害が実際に発生していることを把握した場合に可能な範囲で発令します。
  • すでに災害が発生している状況
  • 命を守るための最善の行動を取る

【警戒レベル4】避難勧告、避難指示(緊急)「竜王町が発令」

  • 【警戒レベル4】発令で全員避難を!
  • 人的被害の発生する危険性が明らかに高まった状況
  • 速やかに避難先に避難する
  • 公的な避難場所までの移動が危険と思われる場合は、近くの安全な場所や自宅内のより安全な場所に避難する。
  • 避難指示(緊急)は、【警戒レベル4】に位置付けられており、状況に応じて緊急的にまたは重ねて避難を促す場合に発令します。指示があった場合は避難が必要です。

【警戒レベル3】避難準備・高齢者等避難開始「竜王町が発令」

  • 人的被害の発生する危険性が高まった状況
  • 避難に時間がかかる高齢者などの要配慮者やその支援者は避難を開始する
  • 通常の避難行動ができる人は、非常持出品の用意などの避難準備を行う

【警戒レベル2】洪水注意報、大雨注意報など「気象庁が発表」

  • 避難に備え、ハザードマップなどにより、自らの避難行動を確認しましょう。

【警戒レベル1】早期注意報「気象庁が発表」

  • 災害への心構えを高めましょう

安全に避難するポイント

動きやすく、安全な服装で

ヘルメットで頭を保護し、靴はひもでしっかり締められる運動靴を履く。

隣近所で声を掛け合って

水害などの場合、避難するときは2人以上で行動する。流されないようにお互いの体をロープで結ぶ。また、高齢者や傷病者は背負い、子どもには浮き輪などを着けて安全を確保する。

歩ける深さ

水害などの場合、歩ける深さは男性で約70cm、女性で約50cm。危ないと判断した場合は無理をせず、高所で助けを待つ。

足元に注意

道路が冠水すると足元が見えにくくなり、側溝やマンホールに気付きにくくなる。長い棒をつえ代わりにして安全を確保しながら歩く。

情報収集をして危険度を把握

携帯電話やインターネットなどを活用し、災害に関する情報収集をしましょう。また、平常時から洪水ハザードマップや避難経路を再確認しておくことも重要です。

日常備蓄品、非常持出品の準備を

  • 大きな災害が発生すると物資の流通が滞り、また支援物資が届くまでに時間を要する場合があります。災害に備え、生活必需品(食料品など)を最低3日間分は備蓄しておきましょう。
    例:水・非常食、カセットコンロ、寝具・防寒具、衛生用品など
  • 避難所に避難する際に持参する非常持出品(非常持出袋)を用意し、すぐ持ち出せる場所に保管しておきましょう。
    例:貴重品、懐中電灯、携帯ラジオ、医薬品、水・非常食、ヘルメット、着替えなど

関連リンク

お問い合わせ:竜王町役場  生活安全課 TEL:0748-58-3703  有線:58-3703