防災・安全ー耐震対策に関する補助制度ブロック塀等の耐震対策・木造住宅の耐震対策

万一の災害に備えて生命と住まいを守るため、ブロック塀等の耐震対策工事や、木造住宅の無料耐震診断・補強案作成・耐震改修・耐震シェルター等の設置に要する費用の補助を行います。

ブロック塀等の耐震対策

地震に対する安全性の向上を目的として、ブロック塀等の高さを60センチメートル未満にする耐震対策工事費用を補助します。

対象となるブロック塀等

竜王町にあるブロック塀等のうち、次の条件をすべて満たすものが対象です。

  1. コンクリートブロック塀、鉄筋コンクリート組立塀および組積(石・レンガ等)造の塀等に該当するもの
  2. 通学路または避難所までの経路等に面するもの
  3. 道路面からの高さが60センチメートル以上のもの
  4. 地震災害時等に倒壊する恐れのあるもの
  5. 国、地方公共団体、その他公的機関の所有するものでないこと

補助金額

工事費の23%(10万円を上限)

申請受付期間

令和元年6月3日(月)〜9月30日(月)

※工事着工後には申請できませんので、必ず着工前に申請してください。

木造住宅の耐震対策

町が実施する無料の耐震診断を受けた結果、総合評点で「倒壊または大破壊の危険がある(総合評点0.7未満)」の判定が出された場合、総合評点を0.7以上にする「補強案作成」や「耐震改修」・「耐震シェルター等の設置」に対しての補助制度が受けられます。

申請受付期間

令和元年6月3日(月)〜9月30日(月)

木造住宅の無料耐震診断

募集戸数 8戸

対象となる住宅

所有者が竜王町民で、竜王町にある住宅のうち、次の条件をすべて満たすものが対象となります。

  1. 昭和56年5月31日以前に着工され、完成しているもの
  2. 延べ床面積の過半の部分が住宅用として使用されているもの
  3. 階数が2階以下で、かつ延べ床面積が300平方メートル以下のもの
  4. 木造軸組工法のもので、枠組壁工法・丸太組工法の住宅でないもの
  5. 国土交通大臣などの特別な認定を得た工法による住宅でないもの

木造住宅の耐震補強案作成

無料の耐震診断の結果により、総合評点を0.7以上に補強するための補強案を作成します。
募集戸数 8戸

対象となる住宅

無料耐震診断の総合評点が0.7未満の木造住宅

木造住宅の耐震改修工事

無料の耐震診断の結果により作成した補強案に基づき、総合評点を0.7以上にする耐震改修工事費用を補助します。

補助金額

工事費の23%(工事費が50万円以下の場合を除く。82万2000円を上限)

町の木造住宅耐震改修工事の補助制度に上乗せするものとして、次の補助制度もあります。

  • 県産材利用耐震改修モデル事業
  • 主要道路沿い割増事業
  • 高齢者世帯割増事業
  • 子育て世帯割増事業
  • 避難経路バリアフリー化改修割増事業
  • 内覧会開催割増事業
    ※内覧会は「滋賀県耐震改修内覧会開催割増事業実施要領」に基づき行ってください。
       滋賀県耐震改修内覧会開催割増事業実施要領(PDF)
お問い合わせ:竜王町役場  建設計画課 TEL:0748-58-3716  有線:58-3716

耐震シェルターなどの設置

耐震診断の結果により、総合評点を0.7未満を診断された木造住宅に対し、居住者の安全を確保するための箱型ベッドおよびベッド型の構造物(耐震シェルターなど)を設置するための費用を補助します。

  • 町が実施する無料の耐震診断を受けなくても、個別で受ける耐震結果が「総合評点が0.7未満」と診断された場合も補助対象となります。ただし、竜王町木造住宅耐震・バリアフリー改修等事業の補助金を受けたものは対象外とします。

対象者

町内にある木造住宅の所有者または居住者

対象となる住宅

次の条件を満たすものが対象となります。

  1. 耐震診断の結果、総合評点0.7未満と診断された個人木造住宅
  2. 令和元年度中に手続きが完了するもの

補助金額

耐震シェルターなどの本体およびその設置に要する経費について、1戸あたり20万円を限度とします。

お問い合わせ:竜王町役場  生活安全課 TEL:0748-58-3703  有線:58-3703

要綱・要項 ダウンロード