防災・安全ー要配慮者の支援

災害が発生したとき、障がいのある人や高齢者など自らの力だけでは迅速な避難ができない人(要配慮者)の命を守るためには、地域や行政が一体となって支援を行うことが必要です。このため、町では「要配慮者支援マニュアル」を策定しました。このマニュアルに基づき、要配慮者登録申請を受け付けています。この申請は、普段の生活の中で周りからの支援を必要とする人が、災害時に地域の支援を受けられるよう、あらかじめ個人の情報を町に登録するものです。

要配慮者とは

地震などの災害が発生した場合に、自力での移動や情報の収受が難しく、避難するために何らかの手助けが必要となる人で、次の基準に該当する人とします。

  • 一人暮らし高齢者(75歳以上)
  • 高齢者のみの世帯(75歳以上)
  • 介護保険の要介護3以上の該当者
  • 身体障がいのある人(子どもを含む)(身体障害者手帳2級以上)
  • 知的障がいのある人(子どもを含む)(療育手帳A判定)
  • 精神障がいのある人(精神障害者保健福祉手帳1級)
  • 常時特別な医療などを必要とする在宅療養者 ※例:人工透析を受けている人、難病の人、低肺機能の人
  • 外国人
  • 乳幼児(0~3歳)
  • 妊産婦
  • 要配慮者に該当しない高齢者や障がいのある人などでも、家族などの支援が困難なため非常時に支援を希望する人はご相談ください。

申請について

登録を希望する人は、要配慮者登録申請書に必要事項を記入して、福祉課で申請してください。

登録台帳の整備

この申請書により、個人の情報を集約した自治区ごとの台帳を作成し、関係支援団体(自治会・消防団・民生委員児童委員)に情報を提供します。この台帳は、万一災害が発生したときに役立てます。なお、関係支援団体に提供する情報は、住所・氏名・生年月日・電話番号・緊急連絡先などです。

お問い合わせ:竜王町役場  生活安全課 TEL:0748-58-3703  有線:58-3703