上・下水道ー  【冬季】水道管の凍結にご注意を

気温が氷点下を下回ると、水道管が凍結して水が出なくなったり、破損したりすることがあります。特に、外に露出している状態で設置している場合は注意しましょう。

水道管の凍結について

水道管が凍結する目安はマイナス4度以下ですが、環境によってはマイナス1~2度でも凍結する恐れがあります。

凍結しやすい水道管とは

風の強い場所や日陰になっている場所、水道管が外に露出している場合などでは、凍結の恐れがあります。また、気温が氷点下を下回る日は、水道管が凍結する可能性があると考え、万一凍結しても解凍できるように、あらかじめ防止策を講じることが大切です。

凍結を防ぐには

凍結防止対策として、保温材による露出水道管の防護や水道管内の水抜きが有効ですが、このような対策を講じることができない場合は、蛇口から少量の水を流しておく方法があります。

防寒のしかた

保温材を巻きます。蛇口が破裂しやすいため、バルブ以外を保温材で完全に包んでください。また、毛布や布でも代用できますが、濡れないようにビニールなどを巻いてください。メーターボックスの中には、毛布や布きれなどを入れ、メーターボックスの上にダンボールなどをのせて保温してください。

凍結してしまったら

蛇口を開け、自然に溶けるのを待つか、凍った部分にタオルをかぶせ、ぬるま湯をゆっくりかけて溶かしてください。※注 いきなり熱湯をかけると、水道管や蛇口が破裂することがあります。

凍結で水道管が破裂したら

敷地内の水道メーター付近にある宅内止水栓を閉めて水を止め、破裂した部分に布テープなどをしっかりと巻き付け、応急措置をした後、竜王町指定給水装置工事事業者(EXCEL) (PDF)へ連絡して、修理を依頼してください。水道メーターから敷地内の水道管が凍結・破損した場合、修理費用や漏水した水道料金は、使用者の負担となります。

お問い合わせ:竜王町役場  上下水道課 TEL:0748-58-3708 有線:58-3708