進めています!重点プロジェクト

「明るく元気で活力あふれる強いまち竜王町」「次世代に誇れる竜王町」の実現に向けて

竜王町では、緊急的に取り組むべき課題、優先的に取り組むべき課題を整理し、重点プロジェクトとして位置付け、複数の課がアイデアを持ち寄り、さまざまな角度から検討し、計画を立て実行する横断的なチームをつくり、課題解決に向けて進めています。

令和4年度

見出しマーク活力あふれるまちづくり

01コンパクトシティ化構想「交流・文教ゾーン」整備の推進(事業用地の確保)

「コンパクトシティ化構想」に基づき、小学校、こども園、学童保育所、給食センター、コミュニティセンターを集約し、あわせて公園や共用駐車場を計画的に整備するため、事業認定手続きや用地の取得、各種設計等を進めます。また事業の推進にあたり継続して住民周知を行います。
交流・文教ゾーン

02コンパクトシティ化構想竜王小学校移転新築整備の推進(基本設計・実施設計)

竜王小学校パース図
竜王小学校建設基本計画を踏まえて、基本設計・実施設計を進めます。また、国等の財政支援制度の活用を継続して研究します。

03新分野の産業立地誘導と新たな産業用地の確保、町内立地企業との連携強化(事業化調査・経済交竜会の連携強化)

新たな産業の誘導と用地の確保に向けた調査・検討を行います。また、「竜王町経済交竜会」の開催を通して、町内立地企業との連携強化を図ります。

道の駅機能強化の推進

04道路ネットワークの整備促進(国道8号東近江区間・広域幹線道路等)

国道8号(東近江区間)の整備計画策定に向けて、引き続き国に要望を行います。国道8号・477号西横関交差点改良工事について、用地の取得を進めます。野洲湖南竜王広域交通ネットワーク(道路網計画)の実現に向け、2市1町で連携して取り組みます。
道路ネットワークの整備促進

05住宅等の整備推進(町有地・中心核・民間用地、空き家・空き地の活用)

竜王町空き家・空き地情報バンクに関する協定書締結式
町有地への新たな住宅開発に向けて、具体的な誘導策に取り組みます。また、空き家等の実態調査、意向調査を継続するとともに空き家バンクの活用を図ります。

06道の駅機能強化の推進

「道の駅竜王かがみの里」における利活用案の具現化を図ります。あわせて、新たな道路整備計画を推進します。「道の駅アグリパーク竜王」を中心とした南部地区活性化計画の推進と地域資源を活用した新たな魅力創出に取り組みます。

道の駅かがみの里・道の駅機能強化の推進

07地域資源を活用した農業と観光振興の推進(ポストスキヤキプロジェクトの検討と魅力発信事業)

竜王産農産物の更なる魅力向上のため、若手農業者との連携により、自発的で自立自走な組織の形成を進めます。コロナ禍での観光を振興するとともに多様な媒体を活用した魅力発信に取り組みます。

地域資源を活用した農業と観光振興の推進

08ふるさと納税強化対策(新たな返礼品と企業版ふるさと納税の検討)

魅力的な返礼品の開発と協力事業者の拡大、PRの強化とともにシティプロモーション事業との連携により、ふるさと納税の強化を図ります。
ふるさと納税(企業版を含む)

09持続可能な竜王農業の推進(農業振興ビジョン策定・バイオマス産業都市構想の採択)

持続可能な竜王農業の推進
「竜王町農業振興ビジョン基本構想」に続き、「実施計画」を策定します。また、地域内産業の連携によるバイオマス産業都市の選定をめざします。令和4・5年度には、竜王町振興地域整備計画の見直しを行います。

102025滋賀国民スポーツ大会に向けたハード・ソフトの推進(国スポ準備委員会の設置、スポーツクライミング施設等整備、特定強化選手育成等)

2025年滋賀国スポでのスポーツクライミング競技の会場地として、競技選手育成や小学生体験教室等を開催するとともにアンバサダーによる普及啓発を行います。また、国スポの主体となる実行委員会を立ち上げます。本年中の完成をめざして、総合運動公園内にボルダリング施設を整備します。

ボルダリング体験

安心して暮らせるまちづくり

11-1新型コロナウイルス感染症対策の推進(計画的なワクチンの接種)

町内医療機関や事業者、関係者等のご協力をいただき、計画的に集団接種および個別接種を進めます。
ワクチン接種

11-2新型コロナウイルス感染症対策の推進(地域経済回復への支援)

竜王町事業所割引クーポン、地域経済回復への支援
コロナ禍およびアフターコロナを見据えた地域経済回復への支援対策を推進します。また、国等の動向を注視しつつ、原油価格・物価高騰等に対する生活・事業者支援策を検討します。

12重層的支援の推進(子ども・高齢者・障がい者(児)、生活困窮等相談体制強化)

子ども・高齢者・障がい者(児)、生活困窮等、属性や世代に関わらず、重層的に支援できる体制の強化を図ります。そのために、民生委員や他部署との情報交換を通じた潜在的ニーズの把握、多面的支援の検討、住民同士が支え合える関係性の構築等を進めます。
重層的支援の推進

13広域等河川整備の促進(日野川中流部整備計画の変更手続き・Tランク河川改修促進、河川愛護活動への支援)

広域等河川整備の促進
日野川改修に向けて、県においては、令和5年度の河川整備計画変更をめざして手続きを進めることから、町においても地元との合意形成を図ります。あわせて早期の整備区間延伸と予算確保に向け、国・県へ要望活動を継続します。

14子育て支援環境の整備(こども園の運営充実、西小学区学童保育所整備、アレルギー対応調理室整備等による安心な給食の提供)

【認定こども園への移行】教育・保育活動の充実を図ります。

【旧西幼稚園の利活用】学童保育所として改修を進め、秋をめどに開所します。また、未利用部分についても、継続した協議・検討を行います。

【給食センターの整備】アレルギー対応調理室を整備し、対応食の提供を開始します。

子育て支援環境の整備

15学力向上とGIGAスクール構想の推進(竜王チャレンジタイム、オンライン学習の充実等)

【学力向上の推進】全国学力・学習状況調査、町独自の学力テストの分析と授業改善、徹底反復学習および理念を踏まえた保育教育実践、公開研修会の開催等に取り組みます。

【GIGAスクール構想の推進】ICT活用推進リーダーを中心に教職員のICT活用能力の向上とタブレット端末を活用した個別最適化学習の推進に取り組みます。

学力向上とGIGAスクール構想の推進

みんなで進めるまちづくり

16地域コミュニティ組織(自治会)の維持・活性化(依頼事項の棚卸、意見交換機会の設置等)

前年度に取りまとめた「地域コミュニティ維持・活性化の進め方」に沿って、自治会への依頼ごとの棚卸、自治会先進事例の収集と学びの場の提供に取り組みます。あわせて住民・行政で組織する意見交換会を設置します。

地域コミュニティ組織(自治会)の維持・活性化

17竜王町DX推進計画に基づく事業推進(庁内ネットワークの再構築、オンライン化の推進等)

自治体DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するため、必須事項を最優先にデジタル活用業務を拡大します。具体的には、庁内ネットワーク再構築と子育て・介護分野等のオンライン化、ガバメントクラウドへの移行検討、RPA・AIの活用業務拡大に取り組みます。
竜王町DXの推進

18住民対応窓口のワンストップ化に向けた庁舎の改修(総合庁舎1階・別館)

利便性の向上をめざし、住民対応窓口(住民福祉部門)のワンストップ化に向けた効率的・効果的な配置を継続して検討します。今年度は、具現化のために必須となる産業建設部門の移転先として庁舎別館の改修工事を進めます。

住民対応窓口のワンストップ化に向けた庁舎の改修

19信頼される行政サービスの提供と働き方改革の推進(すまいる接客アクションプランの推進・事務改善の実行等)

すまいる接客アクションプラン2022ハンドブック
町民皆さんから信頼され、持続できる組織をめざして「すまいる接客アクションプラン2022」を推進します。また、事務改善委員会を中心に効果的で効率的な業務の推進と働き続けられる職場づくりへの取り組みを継続します。

20将来に向けた新たな施策の調査・研究(カーボンニュートラル、デジタル田園都市国家構想、スマートシティ、環境対策等)

国等が進める新たな取り組みに対し、本町の施策やこれからのまちづくりへ効果的に反映していくため、部門横断的に情報収集や調査・研究に取り組みます。
将来に向けた新たな施策の調査・研究