第六次竜王町総合計画。10年後のあるべき姿(将来像)。若者も暮らしたい 希望かなえる 輝竜の郷~心弾む 新時代へのチャレンジ~

若者も暮らしたい  希望かなえる  輝竜の郷

令和3年度を始期に10年にわたるまちづくりのあり方とその方向を示す「第六次竜王町総合計画」を策定しました。
人口減少に歯止めをかけ、まちの活力を維持していくため、若者をはじめ、前向きな思いを持つ竜王町に関わる全ての人(子ども、若者、子育て・働き世代、高齢者なども含む)が、仕事や子育て、趣味活動などの暮らしを通して地域に愛着を持ち、それぞれが活躍しながら、将来も継続して住み続けたいと思えるまちをめざします。
また、出産、子育て、学び、仕事、結婚、健康、長寿など、それぞれの幸せ(希望)を思い描き、それを人にかなえてもらうのではなく、自身の努力やお互いの支え合い、まち全体のしくみづくりにより実現することができ、豊かな自然や田園に囲まれた四季折々の実りあふれる理想的な環境の中で、誰もがきらりと輝くことができるまちを将来像とします。

心弾む  新時代へのチャレンジ

私たちの暮らす竜王町では、大規模な自然災害の発生への対応や誰もが安心して年を重ねることができる地域づくりなど、これからも着実に取り組まなければならないことがあります。
一方、新時代(ポストコロナ社会、脱炭素社会、Society5.0など)では、竜王町が持つまちの潜在的な可能性を具体的に形づくることや先端技術の利活用、子どもたちの将来の希望をかなえるために、可能性を最大限に引き出すことができる子育て支援や教育の充実、若者も暮らすための住宅地確保に向けた市街化区域編入など、豊かで利便性の高いまちづくりにチャレンジしていくことが大切です。
これからのまちづくりを進めるにあたっては、人口減少が進行する中で様々な困難も予想されますが、まちに関わる町民や地域、企業、行政などすべての主体がやりがいや楽しみを持ち、役割を認識しながら集まり、「オール竜王」で10年後のあるべき姿(将来像)の実現をめざします。

第六次竜王町総合計画の全体像

  • 総合計画の詳細な内容は、追って掲載していきます。
第六次竜王町総合計画の全体像

第六次竜王町総合計画の策定にかかる経過

パブリックコメント

お問い合わせ:竜王町役場  未来創造課 TEL:0748-58-3701