健康・医療ー福祉医療費助成制度 母子家庭・父子家庭

福祉医療費助成制度は、社会的、経済的に弱い立場にある人の医療費を助成し、保健の向上と福祉の増進を図ることを目的としています。

対象者

18歳未満の児童を扶養している母(父)子家庭の母(父)とその子

助成内容

入院・通院・調剤薬局にかかる医療費(自己負担額)を助成します。ただし、自己負担金が必要な場合があります。

自己負担金が必要な場合

助成対象者、扶養義務者のいずれかが町民税課税の場合

自己負担金の額

  • 入院:1日当たり1,000円(月額14,000円限度)
  • 通院:医療機関につき、1か月当たり500円(ただし、院外処方による調剤薬局での自己負担金はありません。)

助成対象外

保険適用外のもの (例)食事代、文書料、交通費、容器代、室料差額等

所得制限

本人・扶養義務者の所得が一定以下であること

  • 本人 3,016,000円以下
  • 扶養義務者 6,287,000円以下
  • 本人・扶養義務者ともに扶養者がいない場合です。
  • 本人とは18歳未満の児童を扶養している母(父)です。
  • 対象者によっては限度額に加算がつきます。

交付申請について

受給券は、助成対象者としての要件を満たされていても申請が行われない限り交付できません。住民課へ受給券の交付申請を行ってください。

交付申請に必要なもの

  • 児童扶養手当証書もしくは遺族年金証書、母(父)子家庭福祉医療証明書
  • 健康保険証
  • 印鑑(スタンプ式以外・認印可)
  • 総所得金額が記載されている課税(非課税)証明書 ※転入の場合(前住所地で申請してください。)

助成を受けるとき

県内で受診される場合

医療機関の窓口で健康保険証等と一緒に提示してください。

県外で受診される場合

県外の医療機関では受給券が使えません。いったん自己負担額をお支払いいただき、後日申請により自己負担額分をお返しします。償還払い制度

お問い合わせ:竜王町役場  住民課 TEL:0748-58-3702 有線:58-3702